ククリア学園 乙女と星占い

ククリア学園

-Astorni & Isukarna-

乙女と星占い

 
『牡羊座のあなたは前半ラブ運急上昇☆ 意中の男の子にアタックすると大成功カモ? でも後半の金運は下降気味なので予想外の出費に備えよう! ラッキーアイテムはスムージー ラッキーデーは4,16,22日☆』


 「ゴディバちゃんとナタリアちゃんは星占いってさ、信じる?」
 「エトワールさんは結構信じていそうなイメージあるのだけど」
 ゴディバが雑誌に視線を落としたまま問いに答える。
 「えー? 私そんな夢見がちじゃないよ」
 ナタリアは次のページが気になるらしく、隙あらばめくろうとページの端をつかんでいたが、彼女の想定外だった回答に視線を雑誌からエトワールに向ける。
 「それは否定ととっていいのかしら?」
 「否定とまでは言わないけど、雑誌ごとに結果が違うんだもの。当てにならないよ」
 「そう言えばそうね。新聞では今週の牡羊座はいいことないって書いていたけど、この雑誌のラッキーデーが含まれているわ」
 「ナタリアちゃんは結果とか気にするの?」
 「なんとなく目を通すけど、都合のいいことだけ信じるわ。アンラッキー解消アイテムがコントラバスとかまず普通持っていないもの指定されたり滅茶苦茶だもの」
 「あるある! ラッキーパーソンがサッカー部の先輩とかねー。女子校だしそもそもサッカー部なんてないしねえ」
 「言われてみるとどうしようもないのあるわよねぇ。それで運気回復できず不運な目にあったらどうしてくれるのかしら……」
 「そんなの気の持ちようだよゴディバちゃん。例えば運が悪い日って知らない時に怪我してもついてないなーって思うけど、占いに運が悪い日ってあらかじめ言われていたら当たった! って信じ込んじゃうのと一緒だよ」
 やけに現実的な発言をする少女が一番夢見がちそうに見えるのに、非常にに物事を淡々と見ているのに面食らう。
 「あ、でも私もたまーにいい事だけは信じたりするよ」
 「そ、そうなの?」
 「それに…」
 ナタリアが一呼吸置いて続ける。
 「それなりの時間、シーンを問わずに盛り上がれて時間が経過する話題だから嫌いじゃないわ。この手の話は」
 女の子同士で無難に盛り上がれる話の鉄板として星占いを評価するナタリアと、意外にもこの手の乙女ホイホイな事に淡白だったエトワールを見てゴディバは今日のラッキーアイテムである『レースのハンカチ』をスカートポケットの奥に突っ込むのであった。



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR